空撮 SCW

旭川ドローン空撮

SCW

空撮の根本を覆す。

  • 地上では表現できない撮影が実現。
  • 地上では表現できない撮影が実現。

    3Dパノラマ特殊撮影

    今後注目される画期的な全方位360度の撮影スタイル。
    今、360度全方位の撮影が注目をされています。

    当社ではそれにラジコンヘリを使った空撮の技術と最新のGPS機能をプラスし、撮影ポイントを中心とした高度数百メートルという上空から360度全方位での写真撮影を行うことができます。

    上空から多角度で撮影された静止画は特殊な技術を用い、一枚の大パノラマ画像に仕上げます。
    地上が撮影ポイントではなく上空からの撮影画像は、より広大なスケールでの全方位パノラマとして立体的に再現されます。
    それはまるで撮影ポイントを中心とした小さな地球のよう。
    出来上がった静止画は、データとしての使用はもとよりポスターのような大型出力にも対応しています。

    カメラ/Canon EOS 5D MarkIII レンズ/Canon EF 24mm f/2.8 IS USM 解像度/2200万画素 高度/200m
    北海道上川郡鷹栖町上空から

  • 地上では表現できない撮影が実現
  • 今までの空撮で使用されている実機のヘリコプターでは、飛行場所の制限や気軽に利用できないなどの何点がいくつもあります。
    しかし、その難点を大幅軽減しているのがラジコンヘリやドローン(マルチコプター)、モーターパラグライダーを使用しての空撮です。

    近年、テレビの報道番組やドラマ、CM、アーティストのプロモーションビデオなど、日常生活の中にはあらゆる場面で、空撮映像を見ることができます。
    テレビだけではなく、土木建築等の現場写真や不動産の上空写真、HPのメージ画像、新築記念写真など様々な分野で目にすることも多くなってきました。
    普段の目線とは違う別の角度からの映像や写真が撮影できる空撮の表現方法は無限大です。

    キトウシ森林公園周辺(東川町)
    モーターパラグライダー/MPG搭載用ジンバル使用/NICON D3

  • 確認したい箇所を、思いのままにより安全に
  • 確認したい箇所を、思いのままにより安全に。

    ■ダム周辺の調査
    ■災害時の河川・落石の調査
    ■橋梁等の調査

    治水監理として、ダム・河川・法面・山の急斜面等が台風、大雨による災害で目視、人が立ち入れない現場、橋桁、橋脚の側面等の人がアクセスしにくい現場や災害後の河川周辺の変位、水没状況、崩壊状況などマルチコプターでスチール、動画撮影することにより普及作業、維持管理のデータとして活用できます

    河東群東川町

  • 調査、点検がよりスムーズに
  • 調査、点検がよりスムーズに。

    ■海岸消波ブロックの調査
    ■トンネル上部の調査

    トンネル、覆道、消波ブロック等の浸食の度合いや挙動把握する場合、地上からの撮影だけでは全体像がつかみにくいものです。
    そこで、マルチコプター空撮で上空から撮影した場合、トンネル・覆道の落石、海岸線の消波ブロックの消耗、塩害等も地上では把握できなかった現場状況をより素早く正確に把握することにより現場検証に役立ちます。

    雄冬海岸履道 国道231号線

  • 旭川市 空撮
  • 旭川市 空撮
  • 旭川市 空撮
  • 旭川市 空撮
  • 空撮 点検・調査時
  • 点検・調査時の危険を最小限に抑える

    点検・調査時の危険を最小限に抑える。

    ■法面等斜面の調査

    土砂崩れ、落石による災害現場では二次災害の恐れもあり、非常に危険な状況に置かれます。
    点検に必要であった足場設置、危険が伴う作業もマルチコプターでの撮影、画像処理を活用した場合、足場設置の経費削減、人が現場に近づかず点検作業が可能で工事の進捗状況、露岩状況、転石の有無、亀裂状況の把握においても最小限に抑えることができます。

    増毛町岩尾

  • 空撮 点検・調査時
  • 点検・調査時の危険を最小限に抑える

  • 森林公園、公共施設もより分かりやすく。

    ■森林分布調査
    ■公共施設の撮影や各種イベント関係の撮影

    新たに市街地、住宅地を造成しようとする地域(着工前・着工後)、広いエリアにわたり、道路・公園等の公共施設の全体像を把握することにより今後の整備計画に役立ちます。
    自治体が管理する各スポーツ施設も利用者が減少し利用者増の対策に悩んでいる自治体も少なくありません。
    そこでスポーツ施設、環境、宿泊地を空撮と地上撮影を行い自治体PRのお手伝いも出来ます。

    十勝大橋

様々な要望をマッチングし、適切な機材・手法で撮影を行います。

空撮 撮影

  • 機材
  • ■S1000  V型オクトローターフレーム
    ペイロード(最大積載量)約6.8キロ
    搭載カメラ Canon EOS 5D Mark III
    対応レンズ Canon EF 24mm f/2.8 IS USM
    静止画(シャッタータイムラグ2秒)2200万画素
    動画1920×1080 30p対応(飛行中の静止画・動画の切り替え可)
    技術基準適合HDMI地上モニタリングシステム搭載
    コントロール距離 1700m
    飛行時間 最大15分
    ■ 飛行データ管理システム搭載
    ■ ジンバル稼働範囲 パン:±360°連続回転 チルト:-120°~+15 ロール:±25°

  • 機材
  • ■S800EVO ヘキサローター
    ペイロード(最大積載量)4.3キロ
    搭載カメラ SONY:Nex-7
    対応レンズ SONY:E 16mm f/2.8(SEL16F28)
    静止画 2400万画素
    動画  1920×1080 60i 対応
    (飛行中の静止画・動画の切り替え可)
    コントロール距離 1000m
    飛行時間 最大15分
    ■ 飛行データ管理システム搭載
    ■ ジンバル稼働範囲 パン:±360°連続回転 チルト:±360°連続回転 ロール:±40°(±360°連続回転メカニック)

  • 機材
  • ■PHANTOM2 Gopro

    イロード(最大積載量)300g
    搭載カメラ Gopro HERO3
    静止画 1100万画素
    動画  1920×1080 24p~60p 対応
    コントロール距離 1000m
    飛行時間 最大25分
    最大飛行速度 垂直:6m/秒 水平:15m/秒
    (非推奨)
    ■ 飛行データ管理システム搭載
    ■ ジンバル稼働範囲
    チルト:-130°~+45°

  • 機材
  • ペイロード(最大積載量)約60キロ
    搭載カメラ Canon EOS 5D Mark III
    対応レンズ Canon EF 24mm f/2.8 IS USM
    静止画(シャッタータイムラグ2秒)2200万画素
    動画1920×1080 30p対応
    (飛行中の静止画・動画の切り替え可)
    コントローラーによる地上からモニターを見ながらの撮影とMPGに搭載のコントローラー撮影の切り替え撮影可能 / 技術基準適合HDMI地上モニタリングシステム搭載可能
    ■ 地上コントロール可能距離 1700m
    (HDMI地上モニタリングシステム搭載時)※搭載しない場合1000m
    飛行時間 最大3時間
    撮影可能範囲 高度2000メートル 100㎞ 圏内 (※但し気象条件による)
    ■ 飛行データ管理システム搭載
    ■ ジンバル稼働範囲
    パン:±360°連続回転
    チルト:-120°~+15 ロール:±25°

[フライト条件]
●雨天(小雨含む)は飛行できません。
●風速6m/s以上の場合は、危険を伴うため飛行は致しません。
●夜間飛行・水上飛行については要相談とさせてください。
[飛行できない空域]
●一般道路、高速道路、鉄道(駅周辺含む)、一般市民、一般家屋等の上空、空港の近隣、電波障害が考えられる場所(送電線の近隣等)
●公的な場所での飛行は、事前に警察等への届けが必要です。
●予め、ロケ現場周辺とその空域の状況、電波状況等の確認をするため、ロケハンは必須となります。
[その他注意事項]
●マルチコプターは、本番機と予備機を持ち込みますが、万一のトラブル、墜落等により飛行出来ない場合の責任は負いかねます。予めご了承ください。
●搭載カメラは、弊社で保有するカメラとします。